原発川柳2

 その後ももの狂ほしく・・・

 

夏過ぎて 原発盛りの 菅無月(かんなづき)

 

代表選 原発背負った やつばかり

 

しゃかりきに 逃げた先には 核食品

 

ベクレルや シーベルト読む 余生かな

 

疎開先 ベクレル食品 すでに有り

 

代表選 全員消える 消去法

 

小沢推(お)す 傀儡(くぐつ)海江田 核仕様(使用)

 

新首相 原発しゃかりき 再稼動

 

汚染済み どぜうすくいの 新閣僚

 

どぜう豚 経済優先 核太り

 

どぜう豚(新総理) 狸(経団連会長)と組んで 再稼動

 

「ただちに」で まだ騙せると 思ってる

 

要らぬとて 廃炉にするも 金かかり

 

地下なのに 冷温停止 よう言うわ(溶融は)

 

輸出する 欠陥原発 保証無し

 

核自虐 世界に発信 どぜう豚

 

民騙す 基準値上げて 除染した

 

反と推 闘う陰に 巨悪あり

 

閑さや 地下にしみ入る 核燃料

 

恋(濃い)し里 勿来の関は 越ゆるまじ

 

前回の原発川柳1はこちら

 

 

 ついでに狂歌を3首ほど

 

福島の 炉にかぎろひの 立つ見えて かへり見すれば 菅かたぶきぬ

 

原発の 利権も癒着も なにせむに まされる宝 子にしかめやも

 

東海の 北の隣の 白砂に 海江田泣きて 核と戯る

 

オオアリクイ