イガつけ船A

イカで知られる函館、そのイカ漁のことを現地では「イガつけ」という。(「イカ」は「イガ」と訛る。「つけ」もいくらか濁音になるが「づげ」とまではならない)

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真

 イカは夜光に向かってくる修正を利用し「イガつけ船」には多数の集光灯が備えられている。集まってきたところをイカ用の釣り針でひっかけて獲る。

 

 イカは鮮度が大事、生きてるうちにさばく。細く短冊に切ったものをイカそうめんと言うらしいが以前はそんなおしゃれな名前ではなかった。「イガの刺身」身も蓋もない名称、それが食欲をそそる。

 

 醤油とおろし生姜と味の素をかけてぐちゃぐちゃかきまぜてご飯にぶっかけてわさわさ喰らう。これ、サイコー!