悪魔の辞典2011

今まで『超・悪魔の辞典』として3回書き込んだものを加筆訂正し今回新たに作製したものとまとめて『悪魔の辞典2011』としました。

いちお、あいうえお順になっています。


【IAEA】「絶対守らなあかんのですか?」「あ、いえいえ」 


【隠蔽】ほとんど知られている非公開な事を怒られながら小出しに開示している隙に誰にも知られてない公開しちゃまずい事を葬り去ること 


【汚染水】低濃度ではヨウ素やセシウムなどが混じっているが、高濃度では放射性物質の他に政財界癒着、献金疑惑、隠蔽体質などの成分がどろどろ混じったキモコワ水 


【買いだめ】結局使用頻度や使用量や摂取量が多くなるので長持ちしないこと 


【外部電源】効率的で安価でクリーンな巨大原子力発電装置が最後に頼る電源 


【記者会見】予定調和 


【基準値】女心と秋の空より変わりやすい値


【計画停電】輪番停電が浸透しなかったので名称を変えたのだが全然計画的ではないので次は「お願い停電」にして電気代も半分にしろ 。計略停電ともゆう


【小女子】もちろんコウナゴと読むのであるがオメコと読んだ猛者女子がおった。規定値以上の放射性ヨウ素が検出されたって食べなきゃええやんともいかない。コウナゴを食う魚、またその魚を食う魚、んで、それを食うあなたの体内へ~ 


【国難】1.政権奪取後間もないよちよち歩きの政党が既に末期的な状態であること。2.政権奪取された政党がかつて種を撒いて育てた電力施設の危機を現政権に責任転嫁する状態 


【再処理施設】ハローワーク-職業訓練校 


【自粛】「自」なのにほとんどの場合「他」から行動を抑制されること 


【使用済】核燃料は敬遠するが下着はオッケ~なシトもいたりする 


【水蒸気爆発】略して水爆 


【水素爆発】略して水爆 


【節電】他の部署の電気を消しまくること 


【想定外】ある装置や施設に対する耐用のことを言う場合、設計した時点で設計者や関係者の脳には想定外という概念は既に存在する。ま、単なるカテゴリー分けである 


【損害賠償】支払い能力を超えた分は国が負担してくれるとなったらそりゃみんなそ〜するわ


【ただちに~ではない】 将来ひどい災厄を招く事を示唆する係り結び 


【つぶやき】シトのつぶやきにカリカリしたり過度な反応しないほがよろし。所詮つぶやきなのである 


【低濃度】ど~せ低能奴にはわかんね~だろ~と基準を気まぐれに変えて薄いと言い張ること 


【特定事象】レベル5までは事象、特定事象はレベル6、レベル7になって初めて事故といふらしい


【止める冷やす閉じ込める】新興宗教のお題目 


【トモダチ】いろいろなデーターを収集できる検体 


【風評被害】生産者生産地が口に出したとたん売り上げが限りなくゼロに近くなる呪文 


【不謹慎】価値観の違うシトを貶めること 


【平和利用】どんなに悪逆非道な武器兵器を作ってもノーベル賞をもらえるシステム 


【ベント】ニンニクを食い過ぎてみんなの前でゲップすると迷惑なのは常識です


【放射性物質】「放射能が飛んできた」と言うシトは55歳以上、きょ~びヨウ素とかセシウムとかいろいろなタイプがあるらすぃ 


【放射線量】大量に摂取する事はあまり無いので少しなら摂取したほうが健康とかゆわれると納得してしまいそう


【全く安全絶対安全】少なくとも科学を生業にするシトが使ってはならない言葉。但し東大教授は使用可


【モニタリング】自分でやると甘くなりがちだが、結構信じてもらえるので楽ちんな作業。針が振り切れた時は「0」にしておくのが慣習 


【流言飛語】ボキャブラリーを減らして国民の思考を停滞させるための特に官側からの規定。言論統制の鉄砲玉 


【レベル7】レベル8の準備段階 

 

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真