激凸展

 近く(歩3分)でやってるので見てきた。21人のアーティストが激凸していたのかしていないのかよくわからないが、思いのままに表現されていたのは良く伝わってきた。

 

 時節柄各作家さんの出身地が気になり作品集のその項を見たら大震災の被災地出身のかたが何人かおられた。今後作風が変わるのかどうかわからないがあの未曾有の大災害とアートがどう向き合うのか気になるところだ。

 

 気に入った作品気になった作品:櫻井りえこさんの少女、松山賢さんの昆虫と少女(SHIBU CULTUREのも見たかった)、関本幸治さんの写真、花岡伸宏さんのごはんつぶ、高木智広さんの亀頭。

 

 会期中、も〜いっかい行きたいと思っている。

 

unseal contemporary

(ギャラリーサイトにマップとかアクセスのページが見当たらない。)

はい、ここね。↓

http://www.tokyoartbeat.com/venue/EF03BF97

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    松山賢 (火曜日, 05 4月 2011 15:01)

    お越しいただきありがとうございます。
    4月9日には、クロージングトークなどのイベントがあります。
    よろしければそのときにでも、どうぞいらしてください。
    会場のアンシールコンテンポラリーのHPが工事中で、ご迷惑をおかけしました。
    激凸展のブログもあります。
    http://gekitotsut.exblog.jp/

  • #2

    nonbe (木曜日, 07 4月 2011 10:54)

    松山賢さん
    書き込みいただきありがと〜ございます。
    SHIBU CULTURE中止でそこに出展してる作家さんに興味が湧きいろいろあたっているうちに激凸展に行き着きました。
    松山さんの絵おもしろいですね。リアルさの中に超リアルさが投げ入れられたよ〜な、例えは的確ではないかも知れないけど梶井基次郎の『檸檬』を思い出しました。立体も味わい深く、すごく好きなタイプのオブジェです。
    9日は行けるかど〜かはわかりませんがなんとかとは思っております。
    では、展の成功をお祈りしています。

  • #3

    Elijah (日曜日, 22 7月 2012 03:17)

    I was very pleased to find this website. I wanted to thank you for your time for this wonderful post!! I definitely enjoy reading it and I have you bookmarked to check out new stuff you blog post.

  • #4

    buytadalafilonline (火曜日, 06 11月 2012 20:28)

    I intended to draft you this bit of remark in order to say thank you once again for the pretty guidelines you've documented here. It is quite strangely open-handed of you to present unhampered precisely what a lot of people could have made available as an electronic book to generate some cash for themselves, and in particular now that you could have tried it if you decided. Those good tips likewise served as a good way to recognize that some people have a similar dream the same as my personal own to understand a whole lot more concerning this condition. I am sure there are lots of more fun periods ahead for many who take a look at your website.